logo

ウォーリー 映画 評価

映画「ドント・ウォーリー」の感想を書いていきましたが、ジョン・キャラハンという風刺漫画家の人生を通じて勇気や優しさ、人がもつ寛大さを教えてくれる映画だと感じました。 楽しくもユーモアに富みながらも、深刻な問題と向き合っていく彼の姿に胸を打たれることでしょう。 人間の持つ優しさ、人生を降りなかった彼の生き様をぜひご覧になってください。. ウォーリー()の映画情報。評価レビュー 2554件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ベン・バート 他。 西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された“地球型ゴミ処理ロボット”wall・e(ウォーリー)の恋と冒険を描くファンタジーアニメ。. ウォーリー 映画 評価 ウォーリー 映画 評価 (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 本作『ドント・ウォーリー』に登場するジョン・キャラハン。 実在の彼を当初演じることを熱望していた名優ロビン・ウィリアムズでした。 名優の遺志を受け継いだのは、演技派俳優として世界にその名を知られたホアキン・フェニックス。 惜しまれた兄リバーの死後、1995年にガス・ヴァン・サント監督の『誘う女』から本名で活動を再開した経緯があります。 その後、年に『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』や年公開の『her/世界でひとつの彼女』などで、ゴールデングローブ賞主演男優賞を獲得。 年公開の『ザ・マスター』でヴェネツィア国際映画祭男優賞受賞。また『ビューティフル・デイ』ではカンヌ国際映画祭男優賞受賞した、実力派の俳優です。 そのようなホアキン・フェニックスが、ジョンの仕草、話し方等を研究し。見事に演じきっているその姿は、ジョン・キャラハンそのものです。 またジョンの人生にやさしく寄り添い、世界に背を向けていた彼を支えていく恋人アヌー役は、ルーニー・マーラ。 彼女も年公開の『キャロル』での演技でカンヌ国際映画祭女優賞受賞する演技派です。 そのほかジョナ・ヒル、ジャック・ブラックといったキャストも映画賞にノミネート経験のある実力派です。 本作は実際のジョン・キャラハンを主人公にしたことや、亡き名優が演じたかった役柄だけにキャスト陣は誰もが実力派の演技俳優が集結した、見応えのある作品となっています。.

有名俳優主演ホラー映画ベスト20:ハリウッドスターが恐怖に引きつる顔が忘れられない 前のページ. 会社員なら誰もが身に染みる社会問題を提起 慣習がはびこる日本の組織体制下で「あなたなら、どうするか」を問われる 鑑賞理由 池井戸 潤原作「七つの会議」、野村萬斎主演、東宝配給で完全映画化。. (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 解禁となった日本版ポスタービジュアルには、シンボリックな赤毛のジョン・キャラハン、そして彼のイラストが配置されました。 周りの人を楽しませたキャラハンの人柄をよく表わすイラストで、“世界は意外とやさしさであふれている”というコピーとともに、本作の世界観が伝わるポスタービジュアルが完成しました。 彼の周りの人がどんなに優しさであふれていたか、またジョン・キャラハン自身がどれだけ周りを優しい雰囲気に包んでくれていていたか、映画を観てもっと知りたいと思いますね。. ウォーリーとイブの視点が逆転してくるんだね。それが終盤に繋がるわけだ。船長がロボットのボスを騙すシーンでもこの映像が活用される。無駄なシーン一切ない。 最近の映画ではポリコレ云々と語られるが本作にも政治的・社会的なアングルはある。. See full list on filmest. ,7点ロビン・ウィリアムズ氏が惚れ込んで映画権. (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 車椅子に座った風刺漫画家ジョン・キャラハンは、講演会や禁酒セラピーの集会で自分が半身不随になった理由を語っています。 ジョンが最後に自分の足で歩いたその日。 酒場で飲んでいて出会ったデクスターという男と意気投合したジョンは、2人でいろんな酒場やストリップバーを梯子します。 (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC そして泥酔していたにも関わらず車で移動してしまっていた彼らは電柱に衝突。 目を覚ましたジョンは、固定ベッドの上で動けなくなっていました。 医者は無情にも「おそらく一生麻痺が残るだろう」と宣告。おまけに事故時に運転をしていたデクスターは軽傷で済んだ上に、もう帰ってしまったと言います。 ジョンはそんな状況すべてを呪いました。現状を脱せられるなら悪魔にも魂を売っただろうと彼は振り返ります。 今後への不安に苛まれるジョン。 そんな時に現れたのがセラピストの美女、アヌーでした。 (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 彼女はジョンに寄り添い、リハビリセンターにやって来てジョンに希望を与えてくれました。 彼はかつてのようなユーモアを取り戻し、電動車椅子に乗り日常生活に戻っていきます。 そしてカリフォルニアからポートランドの安アパートに移った彼は、やる気のない介助人マイクに身の回りのすべての世話をしてもらう生活をスタート。 ジョンはあまりに不自由な自分の状態にいらだちを隠せず、また酒に溺れていってしまいます。 彼は、かつて産んだばかりの自分を捨てた母親を以前から憎んでおり、彼女を探し続けていました。 ある夜、母への思い、そして自業自得でこうなってしまった自分の現状の情けなさでジョンが号泣していると、背後になにかの存在を感じます。 そこには母親の幻影がおり、彼に微笑みかけていました。 それをきっかけにジョンは生まれ変わろうと、禁酒セラピーの集会に参加し始めます。 主催者のドニーは、自身もかつてアルコール依存から立ち直った、穏やかでウィットに富んだ人物でした。 (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC ジョンは初めて参加した会で自分の憐れさを語りますが、別の参加者からそれを笑われて怒ります。 ドニーはジョン. See full list on cinemarche.

評価★★★★☆ Very Good! (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 年に59歳でなくなった風刺漫画家ジョン・キャラハン。 彼が漫画家デビューしたのは半身不随になった後。その驚異のキャリアの映画化を、90年代から切望していたコメディスターがいました。 それは、年に自死してしまった名優ロビン・ウィリアムズです。 彼はキャラハンの人生に感動しただけでなく、90年代半ばに落馬事故で車椅子生活を余儀なくされていた盟友クリストファー・リーヴを勇気づけるために、この企画を進行させていたといいます。 しかし完成前の年にクリストファー・リーヴは死去。 ロビン・ウィリアムズも年に鬱により自ら命を絶ってしまいました。 そしてその企画を引き継いだのは『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)でもロビンと仕事をしていたガス・ヴァン・サント。 これまでも、カート・コバーンが自死するまでの日々を描いた『ラストデイズ』()や、ゲイの権利拡大のために戦って殺されてしまった政治家の伝記映画『ミルク』()など、数奇な運命をたどった実在の人物を描いてきた彼の作家性は、本作にぴったりでした。 半身不随の人物が主人公ながら、必要以上に悲壮感を出さず、独特のユーモアと乾いたタッチで小気味よく物語は進んでいきます。 本作は構成が独特で、時系列をかなり弄っています。 冒頭に既に車椅子の生活に慣れ、漫画が人気になり、講演会を開くほどになっているジョンの姿が映されるため、事故で不随になったジョンを見ても、悲壮感はありながらそこまで重苦しくは感じさせません。 事故の場面も決定的な瞬間を映さず、起きてしまったことを諦観しつつ描いており、ユーモアすら漂っています。 しかし本作は、人生のやりきれなさもしっかりと描きだしました。 ジョンが母親を捜すのを諦めるシーンは、彼の成長を表しながらも切ないですし、事故を起こした側のデクスターの人生も劇中で描かれていない分、様々な想像が膨らみます。 そしてジョナ・ヒルが味わい深く演じるドニーが終盤で「失いたくない人を失うんだ」と過去を語る場面も印象深いです。 ちなみにガス・ヴァン・サントは、本作主演のホアキン・フェニックスの兄で、若くして亡くなったリバー・フェニックスと『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)でタッグを組. ウォーリーはたった1台で700年も町を掃除している。 ウォーリーの夢はたった一つ、 ビデオで繰り返し見る大昔の映画のカップルのように、 誰かと手をつなぐこと。 ある日、巨大ロケットが着陸し、そこから1体のロボット、 イヴが出現。. 全体の流れを理解しにくい (投稿日:年5月12日). 映画『ウォーリー WALL-E』()私の評価は記事内のみ掲載。皆の平均評価・映画情報・予告動画。全シリーズ一覧・ピクサーのアニメ映画。西暦2805年。ウォーリー(WALL-E)は、ゴミだらけの地球で、ただ1人置き去りにされて、ゴミ集めを続ける量産型ロボットだった。人類が地球を去って700年間.

【総合評価】 ウォーリーとイブのかわいらしさ、一途さに心が温まる作品。そして、環境問題に対する メッセージ性もあり、子供向けのアニメ映画として良いし、大人でも楽しめる作品だと思う。. ウォーリーは地上を再び人間が住める環境にするためにゴミ処理を命じられたロボットです。 作業中に発見したビデオで観た恋愛映画に興味を持ち、偶然やってきた探査機イヴに恋をします。. この映画は「無声映画」のジャンルに足を踏み入れてます。主人公のウォーリーはロボットのため言葉を離せません。 映画の前半は劇中に出てくるテレビやラジカセの音声だけで、台詞は皆無です。 ウォーリーが話すのは. ※認知が歪んでいる人が評価しています。 ※物凄く長いです。 【評価】(★5中) ウォーリー 映画 評価 ★4 【概要・ジャンル】 年に死去したロビン・ウィリアムズが自身の主演で映画化の構想をあたためていた風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を、ガス・バン・サントがその遺志を継いで脚本を執筆。. 世界一皮肉屋の風刺漫画家「ジョン・キャラハン」の自伝「Don’t worry,He won’t Get Far on Foot」を映画化した作品です。 交通事故により四肢麻痺になってしまったジョン・キャラハンが、周囲の人々の優しさに触れながらアルコール依存症を克服していき、風刺漫画を書いていきながら、自分の周りにいるかけがえのない人たちの支えと過去を克服していく過程を描いていきます。. (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 【公開】 年(アメリカ映画) 【監督・脚本】 ガス・ヴァン・サント 【キャスト】 ホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラック、マーク・ウェバー、ウド・キア 【作品概要】 年に他界したロビン・ウィリアムズが熱望した、実在した風刺漫画家の半生の物語を映画化しました。 ポートランドに縁のあるガス・ヴァン・サントが、監督にと相談を受けて、企画から20年の時を経て完成しました。 本作品は、年サンダンス映画祭と第68回ベルリン国際映画祭に正式出品され、主演のホアキン・フェニックスは“俳優人生で最高の演技”と称賛されました。. (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC ウォーリー 映画 評価 本作の原題は『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot』。これは劇中で、ジョンが車椅子の自分をネタにした漫画に書かれていたセリフです。 転がっている無人の車椅子を見ても「あいつは足では遠くに行けないから大丈夫だろう」とのんきに語る保安官の絵。 かなりブラックですが、彼の漫画は大方こう言ったテイストの作風です。彼の漫画は多くの人びとを笑わせつつ、一部の人を怒らせるものでした。 自業自得で半身不随になった自分も、その他の世の中の滑稽な人々やおかしなこともひっくるめて描くジョン・キャラハン。 ジョンは人間すべてを平等に笑い飛ばします。 アル中の自分も、車椅子の自分も、その他の普通に見える人々もみんな「どこか可笑しい」というのが彼の考え方。 そして、どうせおかしいんだからどんなことが起きてもクヨクヨ心配するなよというメッセージも与えてくれます。 『ドント・ウォーリー』というタイトルには、そんな前向きな優しさが詰まっているのではないでしょうか。.

『ウォーリー』は年の映画。『ウォーリー』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. ウォーリーの気持ちがその仕草やシーンから伝わってきます。 監督の映画愛を感じるオマージュが満載! 今作はsf映画のオマージュに溢れていて、元ネタを知っているとニヤッとするシーンがたくさんあります。. ウォーリー のレビュー・評価・感想です。 レビューの点数は公式・ユーザーレビューともに、1人あたり10点満点の全合計から平均値を求め表示. 『ウォーリー』filmaga ストーリーを大絶賛されて、アニメ映画でありながら異例の高評価を受けた一作。愛を忘れ、生きる楽しみを失った人間たちの復活の物語。. 映画「ラ・ヨローナ~泣く女~」感想・評価:泣く亡霊女が子供を襲ってくるだけでは物語に深みが無い 次のページ. WALL・E/ウォーリー評価:100点感想:常に笑いがあり、そして、最後に感動のある映画。 ウォーリーの純粋さに心が癒された映画でした。ロボットでありながら、. © AMAZON CONTENT SERVICES LLC オレゴン州ポートランドに住むジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、アルコールに頼りながら日々を過ごしていました。 ある時、自動車事故に逢いますが、一命をとりとめます。 しかし、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされてしまいます。 絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日を送るキャラハン。 しかし、ささいなことがきっかけから、自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていきます。 彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始めます。 © AMAZON CONTENT ウォーリー 映画 評価 SERVICES LLC 人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいてくれました。 年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話です。.

『ドント・ウォーリー』承前)見えたとしたら、それは監督の演出じゃなくて主演のホアキン・フェニックスの魅力なんだと思う。 ルーニー・マーラ演じるアヌーの描き方も釈然としないし、アメリカ映画にありがちなダメ人間が改心して善き人になるだけ. 映画ライターの前田有一による最新映画批評です。 超映画批評『WALL・E/ウォーリー』85点(100点満点中) 『WALL・E/ウォーリー』85点 (100点満点中). 評価 ★★★★★ 投稿日. 解禁された予告編の冒頭には、電動車いすで疾走するジョン・キャラハンが、歩道の段差で転倒するところから始まります。 そして3人の少年にジョンが「ヘルプ!」と助けを求めます。 すると3人をイメージして書いたガンマンのイラストが動き出して、しゃべり始めます。 日本ではあまりよく知られていないジョン・キャラハン。 彼がどのような人物であったのかを紹介しながら、自動車事故により身体が不自由となった彼の絶望と、事故後の彼をやさしく見守る人々の姿を映し出していますね。 特にジョンが生前ポートランドの通りを電気車いすに乗り、猛スピードで疾走していた姿そのままに、青い空の下でホアキン・フェニックス演じる演技は、やはり期待を持たせるものがあります。 ルーニー・マーラ演じる恋人アヌーとの車いすの2人乗りの場面は、観客に強い印象を与えてくれます。 また、ジョン・レノンが歌う“Isolation”(孤独)が、これらを包み込むように心に染み入りますね。 半身不随の役とはいえ、電動車いすを自由に乗りこなしているホアキン・フェニックスや、ルーニー・マーラ演じるアヌーの“これ以上悪くならないわね”という言葉が、とても印象的です。. ディズニー映画「ウォーリー」での名言 「生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」 今回はディズニー映画なのにらしくない作品で、衝撃的にインパクト強かった「ウォーリー」のレビューをお伝えします レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。. wall・e ウォーリーの映画レビューを投稿する ディズニー作品が抵抗ある人も (投稿日:年12月7日) ディズニー&ピクサー作品を映画館で観たのは初めてだったのですが、. 『ウォーリー』(原題: wall-e)は、年に公開されたアメリカ合衆国の長編アニメーション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作した全編cg映画である。. 「アベンジャーズ/エンドゲーム」や「名探偵ピカチュウ」など、この時期に絶対観ておきたい映画が次々と公開される中で、今作はかなり不利な勝負を挑まされていると感じました。 登場するのはスーパーヒーローでもなく、人気キャラクターでもないアルコール依存症を抱えた中年男性です。 私自身この映画を見るまでに、このジョン・キャラハンという人物を知らなかったので、どのような映画になっているのか全く想像できなかったのですが、蓋を開けてみれば、なんともハートウォーミングかつコミカルな作品で、悲しい現実を乗り越えていく人々を描いた感動と幸福感が一体となっているような映画でした。 ここでは、映画「ドント・ウォーリー」の感想を1つ1つの項目に分けて書いていきます。.

ウォーリー 映画 あらすじ. (C) AMAZON CONTENT SERVICES LLC 【日本公開】 年(アメリカ映画) 【原作】 ジョン・キャラハン 【原題】 Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot 【監督・脚本・編集】 ガス・ヴァン・サント ウォーリー 映画 評価 【音楽】 ダニー・エルフマン 【キャスト】 ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック、マーク・ウェバー、ウド・キア、キャリー・ブラウンスタイン、ベス・ディット、キム・ゴードン 【作品概要】 著名な半身不随の風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot』の映画化。 ウォーリー 映画 評価 監督は『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)『ミルク』()などのガス・ヴァン・サント。 主演は『誘う女』(1995)以来、ガス・ヴァン・サントと2度目のタッグとなるホアキン・フェニックス。 彼は車椅子の使い方をマスターし、ジョンの喋り方も細かく真似て、人を食ったような風刺漫画家の人物像を見事に再現しています。 その他、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック、ウド・キアなど実力派のキャストが脇を固めます。. 私は好きな内容でした ウォーリーの愛くるしい仕草‥片言の言葉‥一途な気持ちと勇気‥いつのまにかウォーリーに夢中になってしまいました(^3^) あとスゴく映像がキレイでした!. ウォーリー のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. © AMAZON CONTENT SERVICES LLC 年に他界したロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたジョン・キャラハンの半生を描いたこの映画。 年のサンダンス映画祭と、第68回ベルリン映画祭に正式出品され、主演のホアキン・フェニックスはその演技を絶賛されました。 顔の印象が中南米系のわりと濃いめのホアキン・フェニックスですが、この作品のポスターを見る限りではそんな彼の面影は全くありません。 むしろ一瞬「ロビン・ウィリアムズ?」と思うほどです。 事故後にルーニー・マーラ演じるアヌーの言葉を聞いて、まるで目からうろこが落ちたかのような顔をするホアキン・フェニックス。 ジョン・キャラハン自身もきっとこんな顔をしたんだと思わせられるほど、役になりきっている印象を受けます。 おそらくジョンのイラストはどこかで見たことはあっても、その生涯や人となりを日本ではあまり知られていないジョン・キャラハン。 この映画によって彼のことを知る人が増え、たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているんだと思わせてくれるとても前向きになれる映画です。 映画『ドント・ウォーリー』は、年5月 ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラスト渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開! ぜひ、お見逃しなく!.